0288-22-2271
コロナウイルス感染症予防対策として、会議室利用上限人数を定員の半分程度としています

[2021-0020]赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン 居場所を失った人への緊急活動応援助成~「たすけて」の声に寄りそうために~ 2 回助成応募要項(主催:中央共同募金会)

イベント・研修情報

情報No2021-0020
カテゴリ助成金
活動等名赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン 居場所を失った人への緊急活動応援助成~「たすけて」の声に寄りそうために~ 2 回助成応募要項
活動概要新型コロナウイルスの影響が⻑期化する中で、経済状況悪化のため仕事や家を失った ⼈たち、虐待やネグレクトなどで家にいられない⼦どもや若者たち、ストレスから家庭 内暴⼒(DV)のおそれが⾼まっている家庭など、様々な理由から居場所を失い、孤⽴す る⼈々の⽣活課題がさらに顕在化しています。特に、家賃補助等の公的な⽀援の期限と なる本年末には、多くの⼈が住まいを失ってしまうことが危惧されています。 こうした⼈たちに対し、相談に乗り、必要な制度の利⽤を⽀援する、居場所を提供す る、多様なツールを活⽤してつながりを作り孤⽴を防ぐ、などの緊急⽀援が、多様な団 体・機関によって展開されていますが、いずれの団体・機関も⻑期的な⽀援活動に必要 な⼈材や活動資⾦は⼗分ではありません。 そこで、居場所を失った⼈々に対する⽀援活動を資⾦⾯から⽀援し、このコロナ禍に おいて「誰⼀⼈取り残さない(leave no one behind)」社会をつくることを⽬的とし て、本助成を実施します。
日時2020年12⽉〜2021年12⽉
場所
対象要件社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体など
活動内容新型コロナウイルスの影響により、孤⽴が加速化し、居場所が失われた⼈や経済的困 中央共同募⾦会は、持続可能な開発⽬標(SDGs)を⽀援しています。 2 難に陥った⼈たちに対する次のような⽀援活動(事業)で、新しい⽣活様式に配慮しな がら、多機関連携や協働により展開されるものを対象とします。 ○相談⽀援活動 例:⼼のケアの企画、活⽤できる公的⽀援制度の助⾔など ○⽣活⽀援活動 例:⽣活必需品の提供など(フードバンクは対象外※) ○居場所⽀援活動 例:DV、虐待被害者へのシェルター提供、居住⽀援など ○学習⽀援活動 例:対⾯やオンラインでの学習⽀援活動 ○つながりづくり活動 例:対⾯やオンラインによるつながりづくりの活動 ○緊急⽀援活動 例:年末年始の緊急的な相談⽀援、⽣活⽀援(⾷事・居住) ○その他、孤⽴を防ぐための先駆的・モデル的な活動 ※フードバンク活動については、別途「フードバンク活動等応援助成」を実施しているため、本助成で は対象外とします。
定員
必要経費
申込期限2020年11⽉20⽇(⾦)必着
申込先社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部 居場所を失った人への緊急活動応援助成担当宛
その他

居場所を失った人への緊急活動応援第2回助成応募要項