0288-22-2271
コロナウイルス感染症予防対策として、会議室利用上限人数を定員の半分程度としています

[1920-0032]第26回 あるべき支援を考える自閉症セミナー 『自閉症の人の「学び」を知る ~独学の達人~』(主催:あるべき支援を考える会)

イベント・研修情報

情報No1920-0032
カテゴリイベント・研修会等
活動等名第26回 あるべき支援を考える自閉症セミナー 『自閉症の人の「学び」を知る ~独学の達人~』
活動概要第26回 あるべき支援を考える自閉症セミナー 『自閉症の人の「学び」を知る ~独学の達人~』

講師: 篁(たかむら) 一誠(いっせい) 先 生

あるべき支援を考える会では、自閉症の方ひとりひとりが豊かな自分の人生をいきていくためには、日々の中にどのような視点や支援の工夫が必要なのか、このセミナーを通じて模索しています。

プログラム:
1部 講 演13:30~15:00
2部 グループワーク・総評15:10~16:30
日時2020年1月25日(土)
13時30分~16時30分 受付開始13時
場所鹿沼総合体育館TKCいちごアリーナ 大会議室
(鹿沼市下石川694-1自然の森総合公園内)
対象要件
活動内容自閉症のお子さんや大人の方の、生活・勉強・仕事・余暇など、様々な場面で「学び」を支援するとき、期待や意図を受け取ってもらえないと感じたことはありませんか? それは「自閉症のこだわりだから…」と、支援をあきらめたことはありませんか? 自閉症の人の「学び」には、どんな特徴があるのでしょうか。 自閉症の人は独学の達人です。その達人の特徴を知ることが、自閉症の人の豊かで柔らかな「学び」を支援する鍵になるかもしれません。

篁 一誠(たかむら いっせい)先生 臨床心理士。早稲田大学大学院文学研究科(心理学専攻)修了。 財団法人 精神医学研究所心理学研究室、東海大学医学部付属病院精神科心理室、社会福祉法人横浜やまびこの里東やまた工房、よこはま・自閉症支援室を経て、2008年よりNPO法人PDDサポートセンター グリーンフォーレスト理事長。2019年4月より一般社団法人篁協会顧問。自閉症児者とのかかわりは40年以上に及ぶ。
定員80名
必要経費1,000円
申込期限★先着順です。定員に達した場合のみご連絡差し上げます。
申込先FAXまたはメールにてお申し込み下さい。
 
①ご氏名
②ご所属・お立場
③連絡先TEL・住所
④第二部への参加の有無

arubekisien@yahoo.co.jp
その他

参考資料