0288-22-2271
台風19号被害関係情報及び災害ボランティアに関する情報について

(団体紹介)ボランティア・市民活動紹介

こんにちは、日光市民活動支援センターです。

子どもの居場所・学びの場「NPO法人なんとなくのにわ」の活動を見学させていただきましたのでご紹介いたします。この団体は、子どもおよび青少年への学習や自立の支援活動を目的に2004年に設立されました。

不登校の子どもたちや発達障害を持つ子どもたちに寄り添い、学校以外のもう1つの学びの場を作っています。毎週月曜日から金曜日までの12時30分~16時30分に開所しており、来たい時間に来て帰りたい時間に帰れる自由な居場所です。

本日は私も居場所を見学をさせて頂きましたが、一軒家ですので我が家にいるような雰囲気の中、すでに来所している小学生にスタッフが寄り添い、しばらくすると中学生が来所。それぞれ自分の時間を過ごしているように感じました。あえてこちらからは言葉をかけませんでしたが、同じ部屋に一緒にいる事でそこはすでに彼らの居場所になっていました。

居場所の開放に加えて毎月第2月曜日に、親同士の「茶話会」を開いているそうです。親同士がお茶を飲みながら情報交換をしたり、悩みを分かち合う親の居場所があるって素敵な事ですね。日頃心の奥にある思いを話したり思いを共有したりしてみませんか?

もう1つの事業として「さくらそう」という日光市の指定をうけた指定特定相談支援事業および指定障害児相談支援事業も行っているそうです。相談支援専門委員がいらっしゃるとの事ですので、色々な悩みも専門的に相談出来き心強いですね。

学校に通う事を強制せず、多様な生き方を応援する居場所の「なんとなくのにわ」。見学自由ですので、一度足を運んでみて下さい。

参考 NPO法人なんとなくのにわ日光市民活動センター登録団体

※チラシやポスターの貼付やホームページでのご紹介について※
日光市民活動支援センターでは、センターへ登録いただいている団体様の活動報告や活動イベントなどの紹介の協力をさせていただいています。紹介したい情報がある団体様はセンタースタッフにお声がけください。(条件あり)